PHOTOGRAPH.section

camera-man

パソコンとの親和性、動画への発展性、さらにはインターネットとの融合と、多方面への利用や応用が可能なことが、写真のデジタル化を加速させました。とくにスピードが要求される雑誌業界においては、銀塩フィルムが醸し出す独特の雰囲気よりも、デジタルカメラの優位性がよりクローズアップされたのです。

プロが撮る理由がある

デジタルカメラの普及により、一般ユーザーにとって「写真」はより身近なものとなりました。また、撮影した画像を加工できる技術が進化したことも、一般ユーザーにでもプロはだしな写真が撮れるようになった要因といえるでしょう。しかし、それらは作品として優秀であったとして、商品たり得るわけではありません。なぜなら雑誌制作に携わるプロカメラマンが撮る写真は、写真そのもの完成度だけでなく、誌面で使われたときの表現力が問われるのです。つまり文字との調和を考慮した撮影を行い、印刷とのマッチングを踏まえた画像処理能力が必要とされるのです。この当たり前のことをいかに丁寧かつ迅速に行うかで誌面のクオリティを引き上げることができます。つまり、編集者がページに込めた想いを読者に伝えるために目を惹き、手を止めさせる。それが写真、そしてカメラマンの役目なのです。

取引実績 株式会社交通タイムス社
株式会社イリオス
株式会社プロトコーポレーション
マツダ株式会社
株式会社東京放送ホールディングス
株式会社TBSテレビ
アルパインマーケティング株式会社
株式会社三越伊勢丹
株式会社集英社
株式会社学研パブリッシング
株式会社ベネッセコーポレーション
株式会社宝島社
株式会社ソニー・マガジンズ
株式会社晋遊舎
株式会社ラウンドハウス
株式会社ベストセラーズ
株式会社笠倉出版社
株式会社JTクリエイティブサービス
株式会社三栄書房
株式会社八重洲出版
株式会社ネコ・パブリッシング
株式会社マガジンボックス
株式会社かぶと出版
株式会社インク
株式会社クールアーツ
有限会社ダズ
株式会社オフィスマッシュルーム
有限会社フォッケウルフ
NTTレゾナント株式会社
株式会社カービュー
株式会社イード(旧:株式会社IRIコマース&テクノロジー)
有限会社グース
株式会社バドインターナショナル
株式会社アイディーエム
ジーンズ株式会社
株式会社アイコニック
有限会社ジュネコ
株式会社ユアーズプランニング
株式会社八幡創業 など
(順不同・敬称略)